吸収

コラーゲンの体に良い影響

肌の弾力やハリを保つことで知られているコラーゲンは、身体のあらゆる組織に含まれているタンパク質です。
人間の体内にあるたんぱく質は約10万種類で、そのうちの30%はコラーゲンです。
他のタンパク質とは違い、3本の繊維が絡まったような3重らせん構造をしています。
これらが沢山集まってより大きな繊維の塊となるため、大きな衝撃に耐えたり、柔軟な動きが出来るしなやかな体を作っているのです。

コラーゲンは20歳をピークにして、加齢によって徐々に減少していきます。
さらに活性酸素や紫外線の影響によってコラーゲンが堅くなってしまいます。
堅くなったコラーゲンは分解されにくいため、新しいコラーゲンの生成に悪い影響を与えます。

特に皮膚はコラーゲン全体量の40%を占めていて、肌の弾力やハリを保つ働きをしています。
また新陳代謝を活発にする働きもあるため、老廃物を排出したり血行を良くしてくれます。
これによって肌のターンオーバーが促され美肌効果や肩こりの軽減が期待できます。
また関節にとっても重要な成分で、骨と骨の間でクッションの役割をしている軟骨は半分がコラーゲンで作られています。
コラーゲンを摂ることで関節痛が軽減したり、関節の動きを滑らかにする効果があります。


このページの先頭へ